学生

沢山の人が通っている

学生

香川県には沢山の塾がありますがどこの塾に通えば成績が上がるのかよく分からない場合があります。そのような場合にはインターネット等で色々と情報を集めたり資料請求をして資料を見比べてみたりして入る塾を決めるのが良いです。

詳細を確認する...

練馬区周辺で探すなら

学生

東京都練馬区光が丘は大江戸線が通るということもあり、区外の学校に通うことも便利な立地にあります。そのため、私立中学・高校受験対策を行っている塾も多数あり、それを目標とする家庭も少なくはありません。塾選びは生徒本人の希望に合った場所を選ぶことをおすすめします。

詳細を確認する...

北海道の中心部で受験勉強

学生

札幌に関しては、特に中心部である札幌駅前に関しては、大手の予備校、塾が集中しています。札幌市内の難関高校であると、難関大学への合格率が高く、合格までの受験のサポートも手厚く行ってくれるということもあり、全道から優秀な生徒が集まります。

詳細を確認する...

入学を境に変わる考え方

学生

大学受験では、多くの大学が試験の科目として英語を採用している。また、その大学の個別試験で英語を必要としないが、センター試験などで必ず必要になるという大学も多いだろう。大学受験のために培う英語は、文法、単語など主に読解の部分の力を養う。しかし、日常的に必要となる英語は、主に話すことや聞くことが重要となってくる。例えば、海外旅行に行った時に、英語が話せなくてトラブルに巻き込まれたという事例も多くある。特に日本人は世界的にみて、英語を読めても話せない人が多いと言われている。これは、受験のための英語教育が先行しているために中学、高校と読解に重きが置かれていて、話す機会がほとんどないからだ。本当に必要になってくるのは、スピーキングやリスニング力である。しかし、この能力が本当に必要であるということは実際に外国人と会う機会がない限りなかなか気づけない。だが今はリスニングも大学受験の中で行なわれているので、きちんと聞き取れるようにならなければいけない。

大学受験に向けて英語を勉強するときには、独学でも勿論問題ないが、塾に通うという選択肢もある。塾に通うことで、大学受験に特化した勉強を行なっていくことができ、さらにリスニングの授業も用意されている。また大人数や少人数での授業制ではなく、個別に学べる個別指導という方法を選択することも可能だ。個別指導であれば、授業制と比べて集中もでき、なおかつ自分が分からないところを徹底的に勉強することが出来る。英語は特に繰り返し書いたり聞いたりすることが大切なので、英語の科目でしっかりと点数が取れるように、塾へ通うことも検討してみよう。